YouTUBE
このエントリーをはてなブックマークに追加

御蔵島基本情報

どこに?

東京から南へ200km
東京から南へ200km、三宅島の南18kmに位置します。
緯度は33度53分、紀伊半島にある熊野市と同じくらいです。


天候は?

気温:黒潮の影響を受ける島ですので暖かですが、海上を風が渡るため都内ほど暑くはありません。
うだる様な暑い日も、夜になれば過ごしやすくなります。
天気:雨がとても多い島ですが、風も強いためカサがあまり役立ちません。カッパがあると便利です。
海況:外洋に位置するため、潮流と風の影響を受けやすくなっています。
くわえて桟橋が1箇所しかないため、海況によっては客船が欠航することが、ままあります。


交通は?

客船が竹芝桟橋より毎日就航しています。22時30分竹芝出航 → 翌日05:55御蔵島着です。
客船は、竹芝桟橋から三宅島 – 御蔵島 – 八丈島の3島を一日一往復します(夏期上り便は大島にも寄港)。

航路 航路 東京より、橘丸が毎日運航
往路 東京22:30→三宅島5:00着 5:05発→御蔵島5:55着 6:00発→八丈島8:50着
復路 八丈島9:40→御蔵島12:30着 12:35発→三宅島13:25着 13:35発→東京19:40着
※東海汽船 TEL 03-5472-9999 9:30~20:00 ホームページ http://www.tokaikisen.co.jp
※船によって、就航時間が若干変動します。詳しくは上記HPでご確認下さい。
航路 空路(大島経由) 毎日一便運航
往路 調布(新中央航空)→大島着→大島14:55発(東邦航空)→御蔵島15:25着
復路 御蔵島10:55発(東邦航空)→大島11:30着→大島(新中央航空)→調布
※新中央航空 TEL 0422-31-4191 8:30~17:00 ホームページ http://www.central-air.co.jp/
※大島事業所 TEL 04992-2-1651
航路 空路(八丈島経由) 毎日一便就航
往路 羽田(ANA)→八丈島着→八丈島10:25発(東邦航空)→御蔵島10:50着
復路 御蔵島15:30発(東邦航空)→ 八丈島15:55着→八丈島(ANA)→羽田
※東邦航空(東京愛らんどシャトル)予約センター TEL 04996-2-5222 9:00~16:00
※八丈島事業所 TEL 04996-2-5200 ホームページ http://www.tohoair.co.jp/

どんな島?

人口わずか300人少し、徒歩10分程度の「里」の範囲にまとまって暮らしています。
村民は、ほとんどみんな顔見知り。子供からお年寄りまで、みんなが関わり合いの中でのんびり暮らしています。商店は2軒と農漁協の購買が1軒あるのみです。島内には、クレジットカードが使える民宿・商店がありません(2015年より、ふくまる商店さんで利用可能になりました)。郵便局のATMでは使用になれます(要確認)。


御蔵島からのお願い

  • 島内でのキャンプ(テント泊)は禁止です。バンガローをご利用下さい。
  • 宿の収容数に限りがあり航路の安定しない島のため、日帰りは出来ません。
  • 里中は生活の場です。水着や上半身裸で歩くことは、絶対におやめ下さい。
  • 島内、自転車は禁止になっています。持ち込まれてもお乗りになれません。

里案内図


御蔵島の里はいたって小さく、くまなく歩いても半日かからないほど。
右図をクリックすると、里中のイラストマップが拡大されます。
みくらしま観光案内所御蔵島観光資料館内)に来ていただけると、パンフレットやマップとともに詳しいご説明をいたします。

御蔵島の歴史や自然について学びたくなったら、是非「御蔵島観光資料館」にもお越し下さい。


7/21 12:40更新
御蔵島着:○/御蔵島発:○
  • 調査・研究で来られる方へ
  • みくらしまの科学
  • 御蔵島観光資料館
  • いるかいないか
  • お問い合わせ
    一般社団法人 御蔵島観光協会
    営業時間:8:30~17:00
    (3月15日~11月15日迄は無休です
    冬期土日祝日休み)

    〒100-1301 東京都御蔵島村
    TEL 04994-8-2022
    FAX 04994-8-7070
    mail : info@mikura-isle.com
    東京アイランドドットコム